会員専用ページ

パスワード

カテゴリー

月ごとの記事

最近の記事

最近のコメント

1 2 3 4 5
ピザ教室! 2014.06.04

PIZZA!!


「たねまく広場」初のイベント、ピザ教室が開催されました~!

おいしそーな匂いが広場中に充満しましたよ♪



このようなサラサラの粉から手で捏ねて一番上のようなピザまで作り上げて食べるピザは

格別のおいしさだった!とは参加者の声。



思い思いのトッピングをして、美味しいお昼ごはんとなりました。


「たねまく広場」では大テーブルを使ってのミニ教室の開催が可能です。

趣味を生かして“先生”をしてみたい方、お気軽にご相談ください。


「たねまく広場」はアスチカ会員や避難者だけが集う場ではありません。

広島の方もお気軽にお越しくださいね。

ミニ教室ももちろんどなたでも参加可能です。

次に予定されているミニ教室は6月20日10:30~12:00

「ちぎり絵教室」です。

参加ご希望の方は「たねまく広場」(アスチカ事務局)までご連絡ください。


<ささ>



6月1日のオープニンセレモニーでの、アスチカ代表の挨拶を掲載いたします。


* * * * * * * * * * * * *


アスチカ代表を務めます三浦綾です。会を代表しまして一言ご挨拶を申し上げます。


本日はお忙しい中、ひろしま福島県人会 島田会長様、広島市社会福祉協議会 ボランティア情報センター 坂本所長様をはじめ、多くのご来賓の皆さま、ご来場の皆さまにお集まりいただき、誠にありがとうございます。皆さまには日頃より私ども「アスチカ」に多大なるご支援、ご協力を賜り、誠にありがとうございます。


このようなセレモニーを執り行うまでに6か月の取り組みがありました。昨年12月から準備をし、今年1月から3月まで募金活動を行いました。この募金活動には共同募金会様のご協力、広島の各支援団体、個人の皆さまのご協力、また遠くは宮城県・福島県からもエールを送っていただきました。本当にありがとうございました。(たねまく)広場内にあります備品の調達、ディスプレイの準備、この広場への思いから一つ一つに温かい手が届きましたこと感謝申し上げます。

「ここまで来たらゆっくり作ればいい」そんな声もある中で、すでに3年経過していることに「もう待てない」という私の頑なな気持ちを汲んでともに歩んでくれた運営陣や事務局長の佐々木さん、「何かできることはないですか?」と掃除に寄ってくれた会員の皆さんにもお礼を申し上げます。


振り返りますと2011年5月に広島に避難した方の集いとして、被災者交流会が広島市で開催された日がアスチカの原点であります。心の整理もつかない状況の中で、ボランティアの皆さんの思いで作っていただいた交流会では、同じ震災を経験した私たちがこの広島で出会うことができた奇跡的な会でありました。避難元も違えば家族構成も違う、また、避難経路もさまざまな私たちです。ボランティアさんには当事者にしかわからない気持ちを優先したサポートをしていただきました。

その後、交流会が終わり「アスチカ」につながる取り組みの中で、避難者の所在・家族構成・各家庭が抱える課題などの収集は、個人情報の壁もあり、ボランティア情報センター様のサポートなしでは不可能なことでした。2012年10月当会は約80世帯の会員と共に設立いたしました。「当事者のことは当事者にしかわからない」とその一歩下がった言葉のあとに必ず「でもできることがあったら何でも言ってよ」とつけてくださった寄り添いの関係は今も変わりません。


これまで私がお会いした広島の方の中には「被災地のことがわからない」「避難者に初めて会った」とおっしゃられる方が少なくありませんでした。震災が忘れられているのではなく、震災や震災に関わることを知る機会が少なすぎるといったことも被災地から遠くはなれた西日本ならではのことかもしれません。

震災から3年2か月が経過した今、避難元の違いでの支援の格差、細分化された個々の課題の中には解決できること、出来ないことがあります。私たち運営陣も活動をする中で「本当に役に立っているのか?」と何度も立ち止まり、活動の継続に自問自答することも多くありました。落ち着き始めた震災後3年目から、被災地でも現在の生活に心が落ち込んでしまうといったケースも多く、メンタルケアの必要性が求められている現実があります。この広島にいる避難者はあの3.11の日被災地におりました。被災地でがんばっている方と同じ経験をしています。その後の生活場所が広島だからもう大丈夫といった簡単な感情の整理では到底解決できないケースもあることを是非、知っていただけたら幸いです。


しかし、アスチカは本日こうしてコミュニティースペースのオープンを迎えることができました。広島県に唯一の避難者の会として、現在約330名の会員がおります。会員のみなさんの歩みの速度に違いはありますが、できるだけ震災前の自分を取り戻しながら今後を落ち着いて考えていける取り組みを行っていきます。当事者だけでは解決できないことがある中、この広島を新しい生活の拠点と決め、震災を乗り越え自立していこうとしている会員もおります。広島のいいところを教えていただける、普通のたわいもない会話が取り交わされるといったことが「いつでも」叶う場所になりたいと思います。


広島県は震災直後には、被災地にいち早く出向き活動をされ、被災地の復興にご尽力いただきましたことは聞いております。多くの方のご尽力をいただきながらも震災の爪痕は大きく、被災地の復興が遅れている現実もあります。そのようなことから、戻れない避難者もまだまだおります。避難の形はさまざまですが、どうか皆さま、今後ともご支援賜わりますよう心よりお願い申し上げます。


本日は誠にありがとうございました。


代表・三浦 挨拶中

とてもとてもとてもとても緊張していたそうです


メディアの方に囲まれてゲーノー人のようでした

<ささ>





6月1日(日)、いよいよ「たねまく広場」始動です。

画像を中心に今日の様子を。。。


       

  昨日出来たてほやほやの看板          オープニングセレモニーの時には会場

 広島のアーティスト石原悠一さん作!       に入りきらない人たちが。


           

    代表・三浦。緊張のごあいさつ                               今日、来ていただいた方へのお土産。

                                  マグネットとモミジの種。たくさん用意を

                                  していたつもりが…。お渡しできなかった

                                  皆さまスミマセン。


      

オープニングセレモニーが終わって、物販開始。たくさんのお買い上げ、ありがとうございました。

お祝いのお花もたくさんいただきました。


今日はひとまずこの辺で。。。

またゆっくりご報告いたします。

<ささ>




こんにちは。


コミュニティースペース「たねまく広場」、オープンまであと4日になり、部屋の中もだいぶものが揃ってきました。



そして、4日後をめざしてあたふたと準備を進めています。

今日はオープンの日の細かいところを打ち合わせしました。



<真剣です。>


まだまだやること一杯でちょっと切羽詰ったような気持ちにもなってしまいますが、6月1日、皆様のお越しをお待ちしております♪


<6月1日(日) タイムスケジュール>

10:00~ オープニングセレモニー

         節目として、これまでの感謝とこれからへの希望を込めてオープニングセレモニーを行います。


11:00~ 物販コーナースタート

         アスチカ会員が作ったもの、被災地の方が作ったもの、広島の方が作ったものを展示販売いたします。

         例:ハンドメイド雑貨、安心おいしいnatural-treeグラノーラの、神石高原の物産…etc


13:00~ ミニライブ by 福の島ファミリー

         アスチカ会員でもある「福の島ファミリー」が故郷への思い、避難してからの気持ちなどを歌います。

15:00  閉店

<ささ>

こんにちは。


今日はいいお天気でしたね。

運動会だったお子さんも多いのではないでしょうか?


アスチカの交流スペース、6月1日(日)来週末のオープンに向けて急ピッチで準備を進めています。

準備をしている部屋の中を、前を通る地元の方々が不思議そうにのぞいて行かれます。

なので、こんな私たちの自己紹介と交流スペースができることをあ知らせするメッセージを窓に貼ってみました。



これを見て、交流スペースのオープンを楽しみにしていただけると良いなと思っています。


そして!交流スペースの名前が決定しました!!!

その名も 「コミュニティースペース たねまく広場」 !

やっと名称が決まったことで、店頭がちょっとそれらしくなってまいりました♪


「コミュニティースペース たねまく広場」

                             広島市西区三篠町2丁目15-5(1F)

                             tel  082-962-8124

                             fax  082-962-8125


6月1日のオープンの日はオープニングセレモニー、オープニングイベントを計画してます。

その詳細はまた次回に。

<ささ>

今日もカープ勝ちましたー!しかも、逆転勝利!

今年のカープは強いですねー。


今年の広島はどこに行ってもカープの歌が流れ、私もいつの間にかなじみの1曲になりました。マツダスタジアムで試合のある日はあちらこちらでカープのユニフォームを着たり、何かしら赤いものを身につけて歩いている人たちがたくさんで、「今日、観戦に行くのだなぁ(行ったのだなぁ)」と街行く人を車から眺めています。広島中がやけに赤いカンジです。


そして、広島の方たちのカープ愛をヒシヒシと感じながら広島に暮らして丸3年。私もいつの間にか、「広島東洋カープ」を「広島」ではなく「カープ」と呼ぶようになりました(笑)


<GWに私も観戦してきました!球場が一番赤くなった瞬間>


さてさて、なぜ今日はカープの話から始まったかというと…

本日、交流スペースにウォーターサーバーが入りました!その名も


勝利を呼ぶラッキーウォーター カープ応援水「天上山」!!!



<専務自ら設置に来てくださいました!(代表の三浦と)>


「ウォーターサーバーを置きたい」「何がいいだろう?」

いろいろ検討した中で、私たちが選んだのは地元広島のウォーターポイントさんのこの商品でした。

広島の自然豊かで美しい湯来(ゆき)のおいしいお水です。逆浸透膜を通している安心なお水です。

しかも、広島の方が愛してやまないカープの応援水!


お話を聞くと社長が大のカープファンでいらっしゃるそうで、配送されるボトルのラベルが、広島市内・近郊はホーム仕様の白ベース、全国対応のものはアウェー仕様の赤ベースというこだわりよう。

「交流スペースに来てくださる広島の方々も喜んでくださるに違いない!」と広島の皆さんがこのお水を楽しんでくださることを私たちが楽しみにしております。


お水はさっそく試飲。もちろんおいしかったデス!


交流スペースがオープンした暁には、ぜひぜひカープ応援水を飲みに来てください♪


カープ応援水「天上山」に関心のある方は、詳しくはこちらで →  http://wswater.jp/lp/carp/


<ささ>





当面の楽しみだったゴールデンウィークが終わってしまいましたね。。。

ゴールデンウィークが終わって、子どもたちは運動会へ向けての練習が始まったようです。


そんな中、私たちはアスチカの交流スペースを


6月1日(日)オープン!


させるべく、ちょっとずつではありますが前進しています!


何から手を付けていいやら…というド素人の私たちへの皆さんからのアドバイスと応援を受け、

頂けるものをありがたく頂戴し、リサイクルショップもフル活用し、




なにやら事務所スペースがそれっぽくなってきましたよ♪

<ささ>

GWが始まっていますが、みなさまどう過ごされていますか?

広島は明日以降、お天気に恵まれそうとのことです。


さて、先日、こんなメッセージが届きました。


「アスチカ」の意味って「明日への近道」?


明日への近道!!!

なるほど!なかなか先を見るのが難しい避難者にとって、安心した生活への近道が提供できるならすごくいいなと思いました。

実際はなかなか近道は見つからず、それぞれが自分の境遇に向き合って少しでも納得できる道を探しながら一歩一歩進んでいくしかないのが現実です。

それでも、「明日への近道」は求められていることなのかも…とドキリとさせられました。


ちなみに「アスチカ」は「明日(あす)へすすむ力(ちから)」という意味です。

<ささ>

こんにちは。

ゴールデンウィークが近づいてきました。

家族離れ離れで暮らしている避難家族にとっては、待ち遠しい連休です。


準備を進めている交流スペースは、まだまだガラーンとしていますが、

椅子に座って打ち合わせができるぐらいにはモノが集まってきました。(



これらのモノをどう使って場を整えていくかは、プロにも相談しながらこれからなのですが、

「交流スペースできたら行くからね!」と声を掛けてくださるみなさんの期待と

前を通っていかれる方たちの「何ができるのだろう?」という視線を感じつつ、

ああだ、こうだと言いながら着々と(?)今日も準備を進めています。


<ささ>

雑巾チクチク 2014.04.14

日曜日の深夜、「さて、寝よう」と思ったときに、翌日が学校に雑巾を持っていく締切日だったことを思い出しました。

二人の子どもそれぞれが1枚ずつ持っていかなくてはいけないのですが、ストックの雑巾が1枚しかなくタオルを1枚つぶして縫うことにしました。

夜中だし、1枚だけだったのでミシンを出すのも面倒で手縫いでチクチクと。。。


雑巾を縫いながら、


避難して来てすぐの新学期の時はつぶすタオルもなくて、5枚で100円ぐらいの売っている雑巾を買ったっけなぁ。つぶすタオルが出るぐらいにここで暮らしているんだなぁ…。


このタオル、最初の避難した場所からアパートに移るときに、広島で出来たママ友が「余っているから使って」と譲ってくれたタオルだったっけなぁ…。


などと思いながら チクチク チクチク と縫いました。


出来上がった雑巾は縫い目が多少曲がってしまったところもあったけど、「まぁ、いいでしょ。」



そして翌朝、用意した2枚のうちの1枚は、おうちに置いてきぼりになりましたとさ。


<ささ>

1 2 3 4 5
ひろしま避難者の会 アスチカ
メール:hiroshima.hinan@gmail.com
TEL:082-962-8124